南シナ海問題、中国軍幹部が強気の発言 「トラブル恐れず」

南シナ海問題をめぐり、米中の軍幹部が互いを牽制(けんせい)する発言を続けている

南シナ海問題をめぐり、米中の軍幹部が互いを牽制(けんせい)する発言を続けている

(CNN) 南シナ海の領有権問題をめぐり、中国軍の孫建国・中央軍事委連合参謀部副参謀長は5日、中国の主権を改めて主張し、「我々はトラブルを恐れない」と強気の姿勢を示した。

孫氏はシンガポールで英シンクタンク、国際戦略研究所(IISS)が主催したアジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)で、南シナ海の問題が「一部の国による自分勝手な挑発のせいで過熱している」と発言。「我々はトラブルを起こさないが、トラブルを恐れてはいない」「中国の主権や安全保障上の権利への侵害を許さず、一部の国による無責任な行動を看過しない」と強調した。

中国が南シナ海で軍事施設の建設などを進めていることに対し、米国は「航行の自由」を主張するためとして艦船や偵察機を送り込むなど、牽制(けんせい)の動きを見せてきた。

米国のカーター国防長官は3日の同会議で、中国がこのまま同じ行動を取り続けるなら「自ら孤立を招く万里の長城を築くことになる」と警告していた。孫氏は5日の発言でこれに対抗し、米国の動きを批判したとみられる。

南シナ海の領有権をめぐっては、フィリピンがオランダ・ハーグの常設仲裁裁判所(PCA)に仲裁を求めている。孫氏はこれについても「PCAに管轄権はない」との主張を繰り返し、中国は仲裁手続きに参加せず、結果も受け入れないとの姿勢を改めて表明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]