ケニア警察、「大規模テロを阻止」と発表 バイオテロの計画も

2016.05.05 Thu posted at 12:33 JST

[PR]

ケニア・ナイロビ(CNN) ケニア警察トップのジョセフ・ボイネット長官は、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」につながる東アフリカのテロ組織による大規模なテロ計画を阻止したと発表した。容疑者らは炭疽菌(たんそきん)を使ったバイオテロを計画していたとしている。

ボイネット長官は3日、この計画に関連してケニアとウガンダの警察がこれまでに3人を逮捕したことを明らかにした。

このうちモハメド・アブディ・アリ容疑者はケニアの病院でインターンをしていた医学生で、4月29日に逮捕された。残る2人はアリ容疑者の妻と妻の友人だという。

警察は、ケニアで医療インターンをしていた別の2人についても、アリ容疑者と共謀した疑いがあるとして行方を追っている。

ボイネット長官によれば、アリ容疑者らは2013年にケニアの首都ナイロビのショッピングモールで起きたような大規模テロを計画し、罪のない市民を殺害する計画だったとされる。2013年のショッピングモール襲撃では67人が死亡した。

「同容疑者の組織には医療専門家もいて、ケニアで炭疽菌を使ったバイオ攻撃を仕掛ける計画だった」とボイネット長官は話している。

アリ容疑者がかかわっていたとされるテロ組織は、ケニアやソマリア、リビア、シリアの関係者と連絡を取っていたという。

当局は、ケニアでISISの影響力が強まることを警戒している。ISISが欧米人に対するテロの拠点としてケニアを利用する可能性もある。警察によれば、ケニアの若者少なくとも20人がISISに加わる目的でシリアやリビアに渡航しているという。

メールマガジン

[PR]