難民収容施設で相次ぐ焼身、豪政府の政策に批判

2016.05.04 Wed posted at 13:28 JST

[PR]

(CNN) オーストラリアでの難民認定を希望して太平洋の島国ナウルの施設に収容されていたソマリア人の女性が焼身自殺を図り、重体となった。この前にもナウルではイラン人男性が焼身自殺をしており、オーストラリアの移民政策に対して非難の声が出ている。

支援団体によれば、焼身自殺を図ったのはソマリアの苦難を逃れてオーストラリアにたどりついたホダン・ヤシンさん(21)。頭部のけがのため半年間オーストラリアの病院に入院していたが、1週間ほど前、ナウルの施設に強制的に連れ戻されたという。

オーストラリアのダットン移民相は、女性がオーストラリアの病院に搬送され治療を受けていることを明らかにした。

ナウルでは別のイラン人の男性も国連職員の目の前で焼身自殺を図り、搬送先のオーストラリアの病院で1日に死亡していた。

メールマガジン

[PR]