象牙8千頭分を焼却処分、違法取引への抗議で ケニア

象牙の山が炎に包まれる

ケニア・ナイロビ国立公園(CNN) ケニアのナイロビ国立公園で4月30日、大量の象牙やサイの角などが焼却処分された。象牙などの密猟、密輸に抗議するのが目的だ。

焼却されたのは、違法に取引されていた象牙やサイの角、珍しい動物の皮、ビャクダンや薬効のある樹皮など計1億7200万ドル(約183億円)相当。このうち象牙は8000頭分の105トンに上り、闇取引での価格は1億500万ドル余りに相当する。サイの角は343頭分の1.35トンで、670万ドル相当。これらはケニア環境資源当局の年間予算の1.5倍を超える規模だ。

野生生物保護当局が10日間かけて高さ3メートル、幅6メートルほどの12の山に積み上げ、近隣諸国の首脳や数百人の見物人が集まる式典で火をつけた。同当局の責任者によると、燃料は自動的に補給され、完全に燃え尽きるまでには1週間ほどかかるという。

ケニアでは1989年に密猟の横行を受けて初の焼却処分が行われ、今回は4度目だが、これほどの量が焼却されたのは史上初めて。ケニヤッタ大統領は「この10年間で、アフリカ中部のゾウの7割が失われた」と訴え、行動を呼び掛けた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]