ホテル廊下で男が女性に暴行、従業員や客ら助けず 北京

2016.04.09 Sat posted at 16:45 JST

[PR]

(CNN) 中国の北京のホテルの廊下で9日までに、女性が男に襲われる現場に居合わせた従業員やそばを通った宿泊客らが見ぬふりなどして黙過し、別の女性が介入して被害者がやっと救出される事件が起きた。

被害者の女性が、犯行の模様を収めたビデオ映像を中国版ツイッターの「微博(ウェイボー)」に掲載し、ホテルや容疑者、犯行を無視した通行人らへの批判が沸騰した。映像はホテルの監視ビデオとみられる。

事件は3日夜に起きたもので、北京の公安当局は8日、容疑者の24歳の男を許昌市で逮捕したと発表。暴行や誘拐未遂の罪に問われている。同市は北京から南へ750キロ離れている。

国営の新華社通信によると、事件はホテルチェーンを展開するホームイン系列の高級ホテルの4階廊下で発生。映像には、男がエレベーターから下りた女性の体を背後からつかまえ、押し倒したり、引きずり回したりするような様子が収められていた。首を絞めようとする動きも見せていた。

新華社は、ホテル従業員はもがく女性を見ても制止しなかったと報道。女性は「助けて」「知らない男」などと叫んでいたとも伝えた。女性は、襲撃は監視カメラのある場所で5~6分続き、複数の通行人がいたが誰も助けにこなかったと証言。ホテルの警備員や管理スタッフも駆け付けてこなかったとしている。

事件の発覚を受けホームインは保安管理や顧客サービスで問題があったとの声明を発表。被害者や社会への深い謝罪を表明した。

微博に掲載された映像は数百万人規模の反響を呼び、「法治社会での衝撃的な事件」などの意見があった。同ホテルの利用拒否を宣言したり、犯行を黙過して通り過ぎた人物を指弾したりする書き込みもあった。

メールマガジン

[PR]