3歳児に終身刑を宣告、当局が人違い認める エジプト

エジプトで3歳児に終身刑が宣告される出来事があった

エジプトで3歳児に終身刑が宣告される出来事があった

カイロ(CNN) エジプトで3歳の男の子が反政府デモに絡む殺人に関与したとして軍事裁判にかけられ、終身刑を言い渡された。その後当局が人違いだったと認めたことから、息子を連れて身を隠していた父親は1年半ぶりに同国南部ファイユームの自宅に帰宅。しかし一家の不安は完全にはぬぐい切れていない。

3歳のアハメド・マンスール・コラニー・シャララ君は、2014年1月の反政府デモで3人の殺害や器物損壊にかかわったとして他の115人とともに軍事法廷で有罪を宣告され、16日に終身刑を言い渡された。犯罪を犯したとされる当時の年齢は生後1年4カ月だった。

この判決に対して非難の声が集中。父のマンスール・コラニー・シャララさんは20日、カイロのスタジオでテレビ局のインタビューに応じ、番組の司会者も「こんなことで司法を信頼できるはずがない」と怒りをあらわにしていた。

アハメド君は父の腕の中でスヤスヤと眠り、父のシャララさんは、息子が投獄されるかもしれないと訴えて涙ながらに助けを求めた。

警察がアハメド君を逮捕しに来たのは2014年初めごろ。しかしアハメド君が幼児だと分かって代わりにシャララさんが拘束された。裁判所の判断でシャララさんが釈放されたのは4カ月後だった。その後シャララさんは、息子が逮捕されることを恐れて1年半近く逃走を続けていたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]