ハリポタ悪役「ヴォルデモート」の発音は間違いだった

2015.09.11 Fri posted at 13:14 JST

[PR]

(CNN) 英作家J・K・ローリングさんのベストセラー小説「ハリー・ポッター」シリーズに、「名前を言ってはいけないあの人」として登場する悪役の「ヴォルデモート卿」。ところがその発音が間違いだったことが分かり、ファンの間でちょっとした騒ぎになっている

発端は、あるファンがツイッターに投稿した一文だった。「J・K・ローリングによると、ヴォルデモート(Voldemort)の『t』は発音されない」。

これに応じてローリングさん本人も、Voldemortの読み方は、「t」を発音しないフランス語読みが正しいと確認した。もっとも「そう発音しているのは間違いなく私1人だけ」とも。

ただ、ハリー・ポッターのオーディオブックで朗読を手がけた俳優のジム・デールさんは、映画が公開されるまでは「ヴォルデモール」と発音していたという指摘もある。

つまり責任は、映画版のハリー・ポッターを手がけたクリス・コロンバス監督にあるのかもしれない。

メールマガジン

[PR]