スウェーデンの16歳少女、ISIS支配地域から救出

イラクのモスル近郊で、スウェーデン国籍の少女が救出された

イラクのモスル近郊で、スウェーデン国籍の少女が救出された

(CNN) クルド人自治区治安委員会(KRSC)は24日までに、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が支配するイラクのモスル近郊で、クルド人部隊がスウェーデン国籍の16歳の少女をISISから救出したと発表した。

少女はスウェーデン南西部ボロスの出身。いつからISISに拘束されていたのかは分かっていない。クルド人当局によれば、ISISのメンバーにだまされてシリアに渡航し、後にモスル入りした。家族とスウェーデン政府がクルド人勢力に少女の救出支援を要請していたという。

少女は現在、クルド人自治区にいて、国際法に基づく保護を受けている。手続きが整い次第スウェーデン政府に引き渡され、帰国する予定だという。

クルド人はイラン、トルコ、イラク、シリアにまたがる地域に住む民族で、一部勢力はクルド人国家の独立を求めている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]