中国、初の国産空母を建造中 「遼寧」に続き2隻目

北京(CNN) 中国国防省は31日、新たに国産空母を建造中であることを明らかにした。中国はすでに、1998年にウクライナから購入し、改修のうえ2012年に就役させた同国初の空母「遼寧」を保有している。

中国国防省の楊宇軍報道官は31日、新空母について、「中国で独自に設計された」と発表。北東部大連の港で建造中だと述べた。排水量5万トンで通常動力型。「殲15(J15)」などの戦闘機を艦載する見通しで、固定翼の航空機は(自力で滑走して飛びたつ)スキーキャンプ方式で発艦できるという。

楊報道官の声明によると、新空母の設計・建造は「遼寧」に関する「研究と実験に基づく」もので、「多くの側面で改善」をもたらす見込みだという。

米国の軍事アナリストはかねて、中国が「遼寧」を訓練用に使う一方で、国産空母の建造プロジェクトに取り組んでいるとみていた。

米国防総省が昨年、発表した中国の軍事動向に関する年次報告書では、「中国は引き続き国産空母プログラムを追求しており、今後15年で複数の空母を建造する可能性がある」としている。

国際的な影響力の増大を背景に、中国は軍事費を拡大している。中国が東シナ海や南シナ海で領有権をめぐる対立を続けるなか、海軍力は特に重要度が高い。中国が人工島を造成して領有権の主張を強化している南シナ海では、米国の艦船や航空機とのにらみ合いに発展する事態も起きている。

楊報道官は声明で、中国は「平和的発展の道」と「防衛的な性質の国防政策」を維持すると改めて強調。「我々は長い海岸線と広大な海域を管轄下に持っており、海洋の安全保障と領海の主権、海洋権益の保護は中国軍の神聖な職務だ」としている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]