胸元を「2センチ以上」露出のコスプレ女性に罰金 中国

(CNN) 中国の上海で今年7月30日に開幕予定のゲーム産業見本市「チャイナジョイ」の主催団体は24日までに、胸元を過度に露出させたコスプレ姿の女性に罰金800米ドル(約9万7600円)を科すなどの新たなルールを発表した。

「2センチ以上」さらした場合に罰金となる。男性については、ズボンを極度にずり下げたり、下着を見せたファッションが同様の罰則の対象となる。

さらに、出演のモデルが檻(おり)の中や棒の周りで踊った場合、1600ドルの罰金に。下品なポーズを示した者も同額の罰金となる。

見本市はアジア最大規模とされるが、漫画や映画、ビデオゲームなどのキャラクターに仮装したコスプレ大会としても知られる。また、肌を大胆にさらした女性モデルの登場でも有名。昨年は3日間で約25万人の客を集めた。

露出禁止のルールは、習近平(シーチンピン)国家主席率いる中国指導部が進める国民のモラル強化対策の一環とみられる。主席は昨年10月、俳優、舞踏家や作家らの代表団との会合で道徳観念は商業的な成功より重要との考えを表明。「単に肉感的な娯楽は精神的な高揚と同等ではない」とも断じていた。

今年の上海国際モーターショーでは、従来と異なり、露出度の高い服を身に付けてボンネット上などでポーズを取り、入場者の視線を浴びていた女性コンパニオンの姿が消えていた。

見本市にモデルを派遣する大手代理店の広報担当者は、同社が胸元の過多な露出禁止などのルールを定めたことを認めた。「注目を引くために低俗さを利用出来ない」とし、「前向きなエネルギーを社会に提供すべきだ」とも述べた。ルールの詳細は官報などで近く伝えられるとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]