米軍主導の有志連合、空爆でISIS指導者10人を殺害

(CNN) 過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」と戦う米軍主導の有志連合は、29日までの3週間の空爆でISISの幹部10人を殺害したと発表した。このうち1人は、先月パリで起きた同時多発テロの首謀者と近い立場にあったとされる。

有志連合のウォーレン報道官によると、死亡したのはイラクとシリアで活動していた幹部10人。うち数人は欧米に対するテロ攻撃を計画していた疑いがある。

シリアを拠点としていたシャラフ・ムアダン容疑者は、24日の空爆で死亡した。同報道官によるとムアダン容疑者は、パリ同時テロの首謀者とされるベルギー生まれのアブデルアミド・アバウド容疑者と直接つながりを持ち、欧米を標的にさらなるテロを計画していた。

アバウド容疑者は、警察がパリ北郊サンドニで行った急襲作戦で死亡した。事件直前にムアダン容疑者と連絡を取っていたとされる。

このほかの9人も今月7日以降に殺害された。欧米へのテロ計画のほか、ISISによる資金集めやハッキング行為にかかわっていたとみられる。

ウォーレン報道官は「指揮を取る人物がいなくなれば、その組織は統制が困難になる」と述べ、ISISに与えた打撃の大きさを強調した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]