バス襲撃、イスラム教徒がキリスト教徒を守る ケニア

過激派シャバブの襲撃から、イスラム教徒がキリスト教徒を守る出来事があった

過激派シャバブの襲撃から、イスラム教徒がキリスト教徒を守る出来事があった

(CNN) ケニヤ北東部で満員のバスが武装集団「シャバブ」に襲撃され、武装集団がキリスト教徒を殺害しようとしたが、イスラム教徒の女性乗客らが立ちはだかってキリスト教徒を守り、銃撃を阻止する出来事があった。

事件は21日、ソマリアとエチオピアとの国境に近いケニア北東部マンデラに向かうバスの中で起きた。この路線は治安が悪く、バスには大抵、警察車両が同行する。しかしこの日はたまたま警察車両が故障したため、バス単独で運行していて襲撃されたという。

同国内務相や乗客の証言などによると、武装集団はバスに乗っていた100人あまりの乗客に対し、イスラム教徒はバスから降りてキリスト教徒から離れるよう指示した。しかしイスラム教徒はこれに従わなかった。

イスラム教徒の乗客はほとんどが女性。自分たちの顔を覆っていたスカーフをキリスト教徒の女性たちに渡してバス後部の荷物の背後に避難させ、「殺したいのなら私たちを殺しなさい。キリスト教徒はここにはいない」と言い放った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]