9歳少女が78歳男性と結婚、禁じられても残る「伝統」 ケニア

ケニアのサンブル族には、幼い子どもを結婚させるといった習慣が今も根強く残る

ケニアのサンブル族には、幼い子どもを結婚させるといった習慣が今も根強く残る

ケニア・マララル(CNN) 制服姿で歌ったり踊ったりして笑顔を見せるユーニスさん(13)は、一見、ごく普通のケニア人の少女に見える。しかし同地のサンブル族の伝統に従って、9歳の時に78歳の男性との結婚を強要された心の傷は今も深く残る。

牧畜民族のサンブル族はマサイ族の「遠縁」に当たる民族で、幼い子どもを結婚させる習慣や女性の性器切除の習慣、少女と親類の男性に性行為をさせる習慣などが今も根強く残る。

こうした行為はケニアの法律で禁止され、ユーニスさんたちもそうした伝統を打ち破りたいという思いは強い。しかしそれは、家族や地域社会から疎外される危険も伴う。

「父は私が9歳の時に、78歳だった男性と結婚させた。私はその男性の家へ行き、1週間一緒に過ごした。まだ何も知らなかった私は学校へ行きたいと思っていたけれど、相手の男性は私を3人目の妻にしたがっていて、私が拒むとむちで殴った」。ユーニスさんはまだ生々しい記憶を振り返ってそう語る。

そんな時、子どもたちの救出活動をしている女性がいると聞き、ユーニスさんは裸足で逃げ出して同国中部のマララルにある保護施設に身を寄せた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]