カブールで米国人女性殺害 容疑者はイスラム学者

アフガニスタンの首都カブールで、自爆攻撃が発生

アフガニスタンの首都カブールで、自爆攻撃が発生

(CNN) アフガニスタンの首都カブールのアパート敷地内で、アフガン系米国人の女性が銃で撃たれて死亡した。

地元警察の責任者の話によると女性は20日夜、アパート付属のスポーツジムを出たところで襲われた。女性を撃った容疑者は逮捕されたが、氏名は明かされていない。

地元報道機関によると、容疑者は同じアパートに住むイスラム学者。警察責任者はCNNとのインタビューで、容疑者の自宅からテロ組織とのつながりを示す文書を押収したと述べたが、具体的な組織名は示さなかった。

米大使館は同日、この女性が死亡したことを確認した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]