パリ同時テロ 逃走容疑者、翌日にベルギーのカフェで休憩も

アブデスラム容疑者が事件翌日、ブリュッセルのカフェに立ち寄っていたという

アブデスラム容疑者が事件翌日、ブリュッセルのカフェに立ち寄っていたという

(CNN) 今月13日のパリ同時多発テロに関与したとして国際手配されているサラ・アブデスラム容疑者が、逃走中の事件翌日、ベルギー首都ブリュッセルのカフェに立ち寄っていたことが29日までに分かった。アブデスラム容疑者はフランス出国時に続き、ここでも当局の目をすり抜けたことになる。

ベルギー当局が同時テロ関連で拘束した6人のうちの1人、アリ・ウルカディ容疑者の担当弁護士が、国内報道陣に語った。

同弁護士によると、ウルカディ容疑者は14日、友人から電話で頼まれ、ブリュッセル郊外の地下鉄駅まで車で迎えに行った。この友人と一緒にいたのが幼なじみのアブデスラム容疑者だったが、帽子をかぶっていたのですぐには分からなかったという。

アブデスラム容疑者は車の中で、兄のブライム・アブデスラム容疑者がパリで人を殺し、自爆したと語った。ブライム容疑者の友人でもあったウルカディ容疑者はこの話に衝撃を受け、頭が混乱したと話している。

弁護士によれば、3人はブリュッセル市内へ戻る途中でカフェに立ち寄っていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]