EU、進まぬ難民受け入れ 現状で目標の1000分の1未満

実際にEU各国に移住させることのできた数は現時点で目標の1000分の1に満たない

実際にEU各国に移住させることのできた数は現時点で目標の1000分の1に満たない

今年、欧州へと流入した75万人の難民のうち、52%はシリア人だった。2位のアフガニスタン人と3位のイラク人を合わせると約25%となり、残り4分の1が他の国々だ。

全体の3分の2あまりが成人男性で、子どもの割合は20%。今年だけで、3500人近くが海を渡る際に死亡もしくは行方不明になっている。

EU統計局によれば、今年上半期の難民申請数は昨年同期比で50%多い約24万件だった。

シリア内戦が始まって以降、EUにおける難民申請が受理される割合は着実に増えている。2011年第2四半期には約25%だったが、今年第2四半期には約46%に達した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]