英国の「悪夢のテーマパーク」解体、廃材は難民キャンプへ

開園期間が終了した英国の「ディズマランド」

開園期間が終了した英国の「ディズマランド」

ロンドン(CNN) 英国の覆面アーティスト、バンクシーの手による政治的風刺が満載のテーマパーク、「ディズマランド」がこのほど閉園した。園内の施設は解体されるが、廃材を仏北部カレーにある難民キャンプへ送り、避難所の建設に再利用することが決まっている。

「ディズニーランド」を風刺したディズマランドは27日までの5週間、期間限定で英南西部のウェストンスーパーメアに開設されていた。

公式ホームページには28日、新たに建設される「ディズマランド・カレー」の予告が掲載された。不要になった材木や設備はすべてカレー近郊の「ジャングル」難民キャンプへ送られ、避難所の建設に使われるという。「オンライン・チケットの販売はありません」との注意書きもある。

予告文に添えられた画像では、ディズマランドのシンボルだったおとぎの城の廃墟が難民キャンプにそびえ立っている。

同キャンプにはスーダン、エリトリア、アフガニスタンなどからの難民少なくとも3000人が収容されている。難民の多くは英国への渡航を希望しているが、カレー近郊にある英仏海峡トンネル(ユーロトンネル)のターミナルでは今年6月以降、トンネルに侵入しようとして少なくとも11人が死亡した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]