南スーダンの輸送機墜落、35人以上の遺体を収容

墜落現場から35人以上の遺体が収容された

墜落現場から35人以上の遺体が収容された

(CNN) 南スーダンの首都ジュバでロシア製のアントノフ12型輸送機が墜落した事故で、同国の赤十字は5日までに、墜落現場から35人以上の遺体を回収したと発表した。地上にいた人が巻き込まれたかどうかは不明としている。

大統領府の報道官によると、墜落機に搭乗していたのは乗客12人、乗員6人の計18人で、うち15人の死亡が確認された。乗客は全員南スーダン人で、乗員は5人がアルメニア人、1人がロシア人だった。1歳未満の乳児を含む乗客3人が助かったという。

報道官はまた、同機が中央アジアのタジキスタンで登録されていたと明らかにした。所有者は現時点で不明。事故当時は食料品を積んでいたという。

航空事故の専門サイト「アビエーション・セーフティー・ネットワーク」によると、同機は1971年から使用されていた。

報道官は墜落原因について、目撃証言からエンジンの故障との見方を示したが、まだ断定していない。

輸送機はジュバから同国北部の油田地帯の町に向かっていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]