中国でバイアグラ入りワイン摘発、性生活改善うたう

2015.08.04 Tue posted at 09:42 JST

[PR]

(CNN) 中国で勃起不全(ED)治療薬のシルデナフィル(商品名バイアグラ)を添加したワインなどのアルコール飲料が出回っていたことが分かり、当局が酒造メーカーの摘発に乗り出した。

中国国家食品薬品監督管理局(CFDA)が中国全土で行った調査では、52社の製造するワイン製品69種類からシルデナフィルの成分が検出された。中にはED治療や性生活改善などの効能を宣伝していた製品もあったという。

当局はこのうち15社について、違法にシルデナフィルを添加していたと断定。32社は同薬品の成分を混入していた疑いがあるとした。

CFDAの1日の発表によれば、南部の柳州市で行った捜索では原料のアルコール1124キロ分と、シルデナフィルの粉末70万人民元(約1400万円)相当を押収。捜査は警察に引き継がれた。

中国の食品安全法では、シルデナフィルのような薬品や化学物質をワインなどに添加することを禁じており、19社については刑事事件として捜査が進められている。

当局は摘発した各社の製造を中止させ、製品を差し押さえた。シルデナフィルが混入した製品は回収を行っている。

メールマガジン

[PR]