ゲイパレードで刺された16歳少女が死亡 エルサレム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
先月30日に行われたパレードの途中で負傷し、担架で運ばれる男性

先月30日に行われたパレードの途中で負傷し、担架で運ばれる男性

(CNN) ユダヤ、イスラム、キリストの3宗教の聖地エルサレムで先ごろ、ユダヤ教徒の男が性的少数者らのイベント「ゲイプライドパレード」の参加者らを刃物で刺した事件で、警察とエルサレム保健当局者らは2日、負傷した6人のうち16歳の少女1人が死亡したことを明らかにした。

ネタニヤフ首相は2日の声明で少女の遺族に弔意を伝え、「彼女はすべての人が誇りを持って安全に生きるべきだという主義を勇敢に支持したために殺害された」と指摘。「卑劣な殺人者」の裁きに全力を尽くすと表明した。

事件の直後に逮捕されたイシャイ・シュリセル容疑者は2005年にも同様の催しで参加者らを刺し、10年の刑期を経て出所したばかりだった。

イスラエルのテレビ局「チャンネル10」が流した映像には、10年前の犯行現場とみられる場面が映っている。

同局はさらに、先月30日の事件直後の映像も放送した。映像では血まみれのシャツを着た女性が担架で救急車へ運ばれている。もう1人の女性が腕から血を流し、だれかが止血を試みる場面も収録されていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]