野党指導者ネムツォフ氏殺害、容疑者4人を拘束 ロシア

野党指導者殺害で4人を拘束

(CNN) ロシア当局は7日、野党指導者ボリス・ネムツォフ氏が殺害された事件の容疑者計4人を拘束した。

ロシア連邦保安庁のボルトニコフ長官は同日、テレビを通じた声明で、同国南部・北カフカス地方出身のアンゾル・クバシェフ、ザウル・ダダエフ両容疑者が拘束されたと発表した。プーチン大統領も拘束の報告を受けたという。同地方では、連邦政府への反感に基づく暴動や闘争が続発している。

続いて北カフカス・イングーシ共和国の治安責任者が国営RIAノーボスチ通信に、同共和国内でさらに2人を拘束したと語った。同責任者は2人の名前を公表しなかったが、1人はタダエフ容疑者の車の同乗者、もう1人はクバシェフ容疑者の弟で、4人は全員チェチェン人だと述べた。

ネムツォフ氏は先月末、首都モスクワの大統領府近くで何者かに射殺された。防犯ビデオには同氏が倒れた直後、近くの車に駆け込む人物の姿が映っていた。

プーチン大統領は事件について、ロシアに内紛を起こさせようとする過激派や反政府活動家らの仕業だと主張。これに対してネムツォフ氏の周辺や野党支持者からは、大統領と連邦政府の関与を疑う声が上がっている。

ネムツォフ氏の娘は7日、ドイツでCNNのインタビューに応じ、事件にはプーチン大統領も「政治的責任」を負っているとコメント。「当局の捜査は信用しない」としたうえで、「容疑者らがカフカス出身者だったことに驚きはない。予想した通りだ」と述べた。この時点で当局から直接連絡はなく、容疑者の拘束は報道で知ったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]