「標準的な男性サイズ」とは? 英大学調査

2015.03.06 Fri posted at 12:56 JST

[PR]

(CNN) 男性なら大抵は、「自分のサイズはどうなのか」と考えたことがあるかもしれない。英ロンドン大学の研究チームが英泌尿器学会誌に、その疑問に答えるような調査結果を発表した。

論文のタイトルはずばり「私は普通?」。研究チームのゴードン・ミューア氏は、「自分は普通でないと信じる男性は多くの精神的、心理的問題を抱えている」と指摘する。

研究では20あまりの調査結果を分析し、専門家による男性性器のサイズ測定を受けた1万5000人以上のデータを調べた。その結果、平均的なサイズは弛緩した状態で約9.1センチ(3.61インチ)、勃起した状態で約13.1センチ(5.17インチ)、外周はそれぞれ約9.3センチ(6.37インチ)と11.6センチ(4.59インチ)だった。

標準の範囲に収まるにもかかわらず、自分のサイズを気にして医師に相談したり、手術を考えたりする男性もいる。しかし1996年の米カリフォルニア大学の調査によると、性器増大手術の検討対象となるべき男性は全体の2.28%のみ。さらに極端な「マイクロペニス」に該当するのは0.14%にすぎないという。

身体のほかの部位との比較では、身長が高いほど性器も長い傾向があることが判明。人種との関連については、「例えば黒人男性は大きくてアジア系男性は小さいといった人種や民族によるステレオタイプは裏付けられなかった」(ミューア氏)という。

女性との関係では、2006年のカリフォルニア大学の調査で85%の女性がパートナーのサイズに満足していると答えたのに対し、自分のサイズに満足している男性は55%にとどまった。

メールマガジン

[PR]