アルカイダ系組織が仏紙襲撃の犯行声明、数年間の準備

仏紙シャルリー・エブド襲撃の実行犯2人(下段左と中央)と「アラビア半島のアルカイダ」の関連が指摘されていた

仏紙シャルリー・エブド襲撃の実行犯2人(下段左と中央)と「アラビア半島のアルカイダ」の関連が指摘されていた

(CNN) 国際テロ組織アルカイダ系の「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」は14日、フランスの週刊新聞「シャルリー・エブド」襲撃の犯行を認めるビデオ声明を出した。

声明では、ナセル・イビン・アル・アンシと名乗るAQAP幹部が襲撃計画は数年間練られていたと主張。AQAPで広報担当などを務めていた米国生まれのアンワル・アウラキ師が襲撃の首謀者ともした。同師は2011年に米国の無人機攻撃で殺害されていた。

襲撃事件に絡んでは、実行犯の2人がAQAPの拠点がある中東イエメンを訪れた際、アウラキ師と面会した可能性も取り沙汰されていた。

パリではシャルリー・エブド襲撃に呼応する形でユダヤ系スーパーでのテロ事件も発生していた。AQAPの声明はこの事件への関与には触れなかったが、実行犯の行動を称賛した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]