広島の原爆跡地 外国人の訪問増

2014.06.20 Fri posted at 16:45 JST

[PR]

(CNN) 第2次世界大戦中の1945年、米軍が広島に原爆を落としてから来年で70年を迎える。その惨状を記録した広島平和記念資料館は、今も入場者が絶えない。ジャパンタイムズ紙によれば、2013年に同館を訪れた外国人観光客は過去最多の20万86人を記録した。

ナチス・ドイツの強制収容所や、カンボジアの大量虐殺が行われた収容所、奴隷貿易に使われた西アフリカの港、米ニューヨークのテロ跡地――。世界のそうした地と並び、広島を「ダークツーリズム」「追悼ツーリズム」「戦場ツーリズム」の地と呼ぶ人もいる。

1996年にユネスコの世界遺産に指定された原爆ドームを見上げる観光客は、ほとんどが言葉を失って立ち尽くす。このドームは1915年にチェコの建築家によって設計され、市の産業振興会館として使われていた。

米軍のB29爆撃機が広島に投下した原爆は、市中心部の10平方キロメートルの範囲を破壊し尽くし、6万~8万人が死亡した。被爆者も含めると、犠牲者の合計は推計13万5000人に上る。

メールマガジン

[PR]