家族に殺害された女性の夫、前妻の殺害を告白 パキスタン

25歳妊婦、家族が石打ち殺害 パ

パキスタン・イスラマバード(CNN) パキスタンで自分の選んだ男性と結婚した女性が家族の名誉を汚したとして殺害された事件で、この男性が29日、CNNの取材に対し、女性と結婚するために前妻を殺害した過去を打ち明けた。

この事件では、ファルザナ・パルビーンさんが家族の選んだ相手との結婚を拒み、別の男性のモハマド・イクバルさんと結婚して妊娠。ファルザナさんの父親や兄弟は家族の名誉を汚されたとして東部ラホールで27日にファルザナさんを襲い、レンガを投げつけて殺害した。

一方、イクバルさんは、「ファルザナにプロポーズしたかったので、妻を殺した」と話している。

パンジャブ州の警察によると、イクバルさんの前妻が死亡したのは6年前。息子からの通報でイクバルさんは逮捕されたが、息子が許したことから後に保釈されたという。

息子も父親がCNNに語った内容が事実であることを確認し、父親は1年間服役したと語った。

イクバルさんの話では、ファルザナさんとは家族の許可を得て昨年結婚するはずだった。結納金としてファルザナさんの父親に8万ルピー(約14万円)を渡し、金の宝石を贈ったとしている。

しかし昨年12月にファルザナさんの母親が死亡したことで父と兄弟の気が変わり、ファルザナさんをいとこの男性と結婚させようとした。

そこでファルザナさんとイクバルさんは駆け落ちし、今年1月7日に裁判所で結婚式を挙げた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]