韓国が開城工業団地からの撤収を決定、北朝鮮対話拒否受け

ソウル(CNN) 韓国政府は26日、開城(ケソン)工業団地を巡る実務者協議の開催提案に対して北朝鮮が工業団地内の韓国国民の安全を懸念するなら撤収すればよいとの声明を発表したことを受け、同団地に残る韓国側関係者に撤収させることを決めたと発表した。

韓国の統一省報道官は25日にテレビを通じて記者会見し、もし北朝鮮がこの提案を退けた場合、「重大な」措置を取ると警告。韓国側は回答期限を26日正午としていた。

これに対して北朝鮮は26日、韓国が工業団地内の韓国国民の安全を懸念するならば撤収すればよいとの声明を発表していた。

開城工業団地は南北の協力関係のシンボルとして韓国と北朝鮮が共同で運営してきたが、北朝鮮がミサイルや核兵器の開発を続ける中で、この団地をめぐり緊張が高まっていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]