中国で離婚が急増、その理由は・・・

中国で離婚が急増しているというが・・・

中国で離婚が急増しているというが・・・

(CNN) 中国全土で近ごろ、役所の婚姻課に多くのカップルが押しかけるという奇妙な現象が起きている。春の兆しが、衝動的なロマンスを呼び起こしているのだろうか。

いや違う。その反対で、カップルたちは離婚届けを出しているのだ。そして、夫婦合意の上で、口論も財産争いもなく速やかに別れている。なぜなのだろう。実は、お金や財産が離婚の原因なのだ。これらカップルのほとんどは、中国における新しい税を逃れるために離婚しているのだった。

中国政府は先ごろ、2軒目の家を売却した場合に20%のキャピタルゲイン税を課すことを決定した。そのため、2軒の家を所有している場合、離婚して元夫と元妻それぞれの名義で1軒ずつ登記をしておくと、その内の1軒を売却した場合にキャピタルゲイン税を逃れることが出来る。その後再婚して元の鞘(さや)に納まることも可能だろう。

この奇妙な現象は、個人レベルでいえば住宅の投資対象としての重要性を示している。だが、マクロレベルでは、中国新指導部が、不動産バブルとも呼ばれる現象への対応に苦慮していることを示唆しているといえそうだ。

中国の大都市では不動産価格は急騰している。上海の開発業者によれば、年間で40%の上昇だ。これは、大都市へますます多くの人が流入し、不動産の需要が供給を大幅に上回っているためだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]