ヘンリー英王子、アフガンでの任務を語る 「タリバーン殺害も」

ヘリコプターの前でポーズをとるヘンリー王子

ヘリコプターの前でポーズをとるヘンリー王子

(CNN) チャールズ英皇太子の次男で、アフガニスタン駐留英軍で武装ヘリコプターの操縦士を務めていたヘンリー王子(28)が、任務完了を前に現地での日々を振り返り、反政府武装勢力タリバーンのメンバーを殺害したこともあると語った。

ヘンリー王子は昨年秋から4カ月間、タリバーンの本拠とされる南部ヘルマンド州に配置され、ロケット弾やミサイル、機関砲を搭載する攻撃へり「アパッチ」に何十回も乗務した。帰国前に駐留先のバスティオン基地で記者団と会見し、「命を救うために命を奪う。それが我々の活動の核心ではないか」などと話した。

ヘンリー王子は2007~08年にもアフガンでの任務を経験している。絶えず攻撃を繰り返していた当時と違い、今回の任務は「抑止的な役割が中心になった」と指摘した。そのうえで、「我々の任務は地上にいる兵士らの安全を守ること。敵から銃撃を受けている兵士らを守るためには、その敵を撃つということだ」と述べた。

基地では一切特別扱いを受けず、貨物コンテナを改造した部屋で共同生活を送った。一般の兵士らとともに食堂で食事をしたり、テレビゲームに興じたりして過ごしたという。ジムや洗濯室への外出も自由。しかし、直接知らない人々の間に出るとじろじろ見られることもあり、「それが嫌だった」と話した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]