マリ紛争に介入のフランス、増派検討か 上限2500人超え

マリでの軍事作戦に向けて準備する仏軍

マリでの軍事作戦に向けて準備する仏軍

(CNN) アフリカ西部のマリ紛争に軍事介入するフランスのルドリアン国防相は19日、派兵規模について当初設定した2500人を超える可能性があると述べた。CNN系列局フランス3に表明した。

マリに展開する仏軍兵士は現在、約2000人となっている。

マリ紛争をめぐっては同国も加盟する西アフリカ諸国経済共同体が19日、コートジボワールの主要都市アビジャンで会合を開催、同組織が派遣する地上部隊の規模を協議した。イスラム過激派を掃討する仏軍部隊を支援するための迅速な派遣方法なども話し合った。

西アフリカ諸国経済共同体は派兵規模について3300人の合同軍が待機していると明らかにしていた。

仏軍の空爆などによる軍事介入は約1週間前に始まり、マリ北部を制圧し首都バマコへの南進もうかがう武装勢力の撃退を試みている。仏政府筋によると、同国とマリ軍部隊が18日、中部の要衝コンナ市を掌握したと明かしていた。空爆から地上戦への戦線拡大に踏み切った仏軍にとっては重要な戦果となっていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]