交通取り締まりの警官が96発発砲、ドライバーの男性死亡 米シカゴ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通取り締まりの警官が96発発砲

米シカゴ(CNN) 米イリノイ州シカゴの住宅街で、シカゴ警察の警官が交通取り締まりで車を止め、運転していた男性に向かって96発もの銃弾を発砲していたことが、9日に公開されたボディーカメラの映像で明らかになった。銃弾を浴びた男性は死亡し、警官による過剰な武力行使だった疑いが浮上している。

死亡したのは車を運転していたデクスター・リードさん(26)。これまでの捜査によると、警官に対して最初に発砲したのはリードさんだったと思われる。しかし男性の家族や弁護士は、複数の私服警官が銃を抜いてリードさんの車を取り囲んだ経緯や、何十発も発砲した理由に疑問を投げかけている。

事件は3月21日、シカゴ市内の住宅街ガーフィールドパークで発生。ボディーカメラの映像は、シカゴの警察説明責任市民事務所(COPA)が9日に公開した。COPAは警官の不正行為や発砲について調査する市の機関。

この映像によって事件の経緯が明らかになる一方で、新たな疑問も次々に浮上している。

映像に映った事件の経緯

映像のうち1本には、フード付きジャケットとベースボールキャップ、バッジの付いたタクティカルベスト姿の警官1人が、白い車に近付く姿が映っている。車の窓はスモークガラスで中はよく見えない。

「窓を下ろせ。窓を下ろせ」という警官の指示に従い、ドライバーは窓を開けたが、すぐにまた閉め始めた。

警官は「何やってるんだ」「ドアを閉めるな」と叫んでドアハンドルに手をかけたが、ドアはロックされている様子だった。そこで警官は銃を抜く。「今すぐロックを開けろ」と怒鳴る声が、別の警官からも聞こえた。

ドライバーは「OK、やろうとしてるんだ」と応じた様子だった。

数秒後、警官が車から身を引いたところで、銃声が響いた。

続いて何十発もの銃声が連続する。

別のボディーカメラ映像は、少なくとも2人の警官が、住宅街の通りをはさんでリードさんに向け発砲する姿をとらえている。警官は2人とも、途中で銃撃を止めて弾丸を再装填していた。

銃撃がやむと、リードさんは車の後ろにうつ伏せに倒れていた。

「彼が最初に我々を銃撃した」と1人の警官が言った。

およそ1分後、無数の銃弾を浴びたリードさんの車を警官が調べて「銃がここにある」と告げ、懐中電灯で車内を照らした。

この銃撃で警官1人が手首を撃たれ、病院に運ばれた。シカゴ警察によると、経過は良好だという。

警官の行為が正当だったかどうかについては、現在、複数の機関が調査している。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「米国の銃問題」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]