米国人の大多数「国は間違った方向に向かっている」 世論調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
北大西洋条約機構(NATO)首脳会議で発言するバイデン米大統領=6月29日、スペイン・マドリード/Susan Walsh/AP

北大西洋条約機構(NATO)首脳会議で発言するバイデン米大統領=6月29日、スペイン・マドリード/Susan Walsh/AP

(CNN) 党派を超えて大多数の米国人が米国の現状に不満を持っていることが、最新の世論調査で明らかになった。

AP通信とシカゴ大学の世論調査センターが6月29日に発表した調査では、米国の成人の85%が国は間違った方向に向かっていると答え、正しい方向に向かっていると考えている人はわずか14%だった。5月の調査では、78%が悪い方向に向かっている、21%が概ね正しい方向に向かっていると答えており、不満に思っている人が増えている。

現在、共和党支持者の92%、民主党支持者の78%が国の方向性に不満を持っており、民主党支持者に関しては昨年バイデン氏が大統領に就任して以来、最も高い値となった。

同世論調査によると、国の経済について「良い」と回答した人は20%にとどまり、79%は「悪い」とみている。この受け止めも超党派的な傾向がみられ、共和党支持者の90%、民主党支持者の67%が経済は悪いと回答している。

ロイター通信とイプソスが29日に発表した世論調査でも、憲法が定める中絶の権利はもはや存在しないという連邦最高裁の判決を受けて、特に民主党支持者の間で不満が高まっていることがわかった。

この世論調査では、民主党支持者の62%が「この国は間違った方向に進んでいる」と答え、前週の49%から上昇した。一方、共和党支持者では86%が「間違った方向に進んでいる」と答え、前週の94%からわずかに減少している。

一方、バイデン氏の評価は依然として芳しくない。6月後半に実施されたCNNの基準を満たす5つの無党派の全国調査の平均値では、米国人の38%がバイデン氏の仕事ぶりに肯定的で、57%が不支持だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]