ANALYSIS

バイデン米大統領、就任9カ月時の支持率は42% 歴代ワースト2位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
就任から約9カ月が過ぎたバイデン大統領の支持率が、この時期としては歴代大統領のワースト2に位置していることがわかった/Joshua Roberts/Getty Images

就任から約9カ月が過ぎたバイデン大統領の支持率が、この時期としては歴代大統領のワースト2に位置していることがわかった/Joshua Roberts/Getty Images

(CNN) 就任から約9カ月が過ぎたバイデン米大統領の支持率は42%と、この時期としては歴代大統領のワースト2に位置していることが、米ギャラップ社の世論調査で分かった。

就任から9~10カ月後の世論調査で支持率が現在のバイデン氏を下回っていたのは、トランプ前大統領の37%のみ。

ギャラップのデータをさかのぼると、歴代大統領のこの時期の支持率はオバマ氏52%、ブッシュ(子)氏88%、クリントン氏47%、ブッシュ(父)氏70%、レーガン氏53%、カーター氏54%だった。

ただし、このうちブッシュ(子)氏は2001年9月の同時多発テロ、ブッシュ(父)氏は1989年6月の天安門事件や冷戦終結への流れが支持率を大きく引き上げたという背景がある。

バイデン氏の仕事ぶりは、今年6月の調査で56%に支持されていたが、この数字は8月に49%、9月には43%まで下がった。支持率低下の要因としては、混乱を極めたアフガニスタンからの米軍撤退、新型コロナウイルスのデルタ変異株による感染拡大、現在も続くサプライチェーン(供給網)の停滞、民主党の政策をめぐる議会のこう着が挙げられる。

この時期の支持率から、次回大統領選の行方を予測することは難しい。1年目に高い支持率を誇っていたブッシュ(父)氏、カーター氏は再選を果たせず、50%を割っていたクリントン氏は再選された。

一方、来年の中間選挙には影響が及ぶ可能性もある。過去の中間選挙では現職大統領の支持率が50%に満たない場合、政権与党は下院で平均37議席を失っていた。

2018年の中間選挙ではトランプ氏の支持率が40%代前半にとどまるなか、共和党が40議席を減らして少数党に転落した。民主党もオバマ氏の支持率が45%に落ち込んだ10年の選挙で63議席、クリントン氏の支持率が46%だった1994年にも53議席を失い、それぞれ多数党の座を追われている。

来年の中間選挙までにはあと1年以上ある。それまでにバイデン氏の掲げるインフラ・社会保障関連法案が成立すれば、民主党はその実績を有権者に売り込むことができるだろう。パンデミックがこのまま収束に向かえば、これもバイデン政権の得点になりそうだ。

しかし今のところ、バイデン氏の支持率は民主党を苦しい立場に追い込んでいる。事態を改善しようとしても、党にできることは限られているのが現実だ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]