米テキサス州共和党、バイデン氏当選認めない決議を採択

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米テキサス州共和党、バイデン氏当選認めない決議採択

(CNN) 米南部テキサス州の共和党が先週末に開いた州大会で、バイデン大統領を2020年大統領選の勝者と認めない決議を採択していたことがわかった。トランプ前大統領が唱える選挙関連の偽の主張に沿う同州共和党の姿勢がさらに鮮明になった。

決議文には「我々は2020年大統領選の認証された結果を拒絶する」と記され、バイデン氏が米国民から正当に選ばれた人物ではないとの立場が明示された。18日にヒューストンでの発声投票で採択されたこの決議文には、共和党員に今年11月の中間選挙の完全性確保や投票参加を呼び掛ける文言も含まれている。

採択前には、決議文を起草した綱領委員会のメンバーの1人が、昨年1月6日の連邦議会議事堂襲撃事件に関連する修正を提案。このメンバーは「刑事訴追された人々の権利が侵害されている」と主張し、議事堂での出来事が反乱に当たるとの「説明」を拒絶すると述べた。参加者からは拍手が起きたが、委員長が修正を不適切として検討しないと述べた。

綱領には、同性愛を「異常なライフスタイルの選択」と呼び、「トランスジェンダーの性自認を正当化するあらゆる取り組み」に反対するとの項目も含まれている。

同州共和党の広報担当によると、州の党綱領はまだ最終確定していない。綱領の項目は個別に投票が行われるという。

大会中には超党派の銃規制協議で共和党側の交渉担当者を務める同州選出のコーニン上院議員が登壇し、参加者からブーイングを浴びせられる一幕があった。コーニン氏が民主党の数多くの提案を拒否し、現行法の施行強化が主な内容だと説明してもブーイングは収まらず、コーニン氏を含む交渉担当の上院議員らに対するけん責決議がほぼ全員の賛成で採択された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]