ハリス米副大統領、ウクライナ大統領と初会談へ 試される外交手腕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドイツで開催される会議でウクライナのゼレンスキー大統領と会談するハリス米副大統領/Anna Moneymaker/Getty Images

ドイツで開催される会議でウクライナのゼレンスキー大統領と会談するハリス米副大統領/Anna Moneymaker/Getty Images

(CNN) 米国のハリス副大統領が今週末、ドイツで開催されるミュンヘン安全保障会議の期間中、ウクライナのゼレンスキー大統領と会談することになった。米政権の高官が16日、発表した。

ロシアによるウクライナへの侵攻はいつでも発生し得るとの警鐘が鳴らされる中、同副大統領は、高いリスクをはらんだ同会議で米代表団を率いることになる。同副大統領にとって、ゼレンスキー大統領との会談は初めて。この高官は、同副大統領がミュンヘンに滞在中、「過密日程」を抱えることになると述べた。

別の政権幹部は16日、報道陣に対し、「我々はまさに決定的瞬間に置かれている」と指摘。「現状に対する我々のアプローチにおいて、我々の同盟国・パートナー諸国への関与が、我々の全般的な外交における絶対的に欠くことが出来ない一部をなすという、断固たるメッセージとして、副大統領が今年のミュンヘン安全保障会議で米代表団を率いる」と述べた。

注目を集める今回の外遊は、米国がロシアによるウクライナ侵攻を抑止すべく、主要同盟国と連携する中で行われ、ハリス副大統領にとっては外交手腕を問われる重要な試金石となる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]