偽ブランド品34億円相当を押収、中国からのコンテナ 米ロサンゼルス港

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米ロサンゼルスの港で約3000万ドル(約34億円)相当の偽ブランド品が押収された/US Customs and Border Protection

米ロサンゼルスの港で約3000万ドル(約34億円)相当の偽ブランド品が押収された/US Customs and Border Protection

(CNN) 米税関・国境警備局(CBP)は6日までに、ロサンゼルスの港で約3000万ドル(約34億円)相当の偽ブランド品を押収したことを明らかにした。

CBPが発表したところによると、中国からのコンテナ1基に計1万3586点、小売価格にして推定3043万7775ドル相当の偽ブランド品が入っていた。「グッチ」や「ルイ・ヴィトン」などのロゴが入ったバッグや衣類で、CBPの職員らが先月9日に発見した。

CBPによれば、偽ブランド品は従来、闇店舗や違法サイトで販売されてきたが、オンライン・ショッピングの普及にともない、名の知れたサイトに紛れ込んでいるケースが増えた。密輸業者が偽ブランド品の販売で得た利益を、さらなる犯罪行為に流用することも懸念される。

CBPが先月末に発表したデータによると、偽造品が世界経済に及ぼす損失は、年間5000億ドルを超える規模と推定される。

CBPはまた、今年9月までの2020会計年度に押収された偽造品入りの荷物は計2万6503件、純正品だった場合の価格にして総額13億ドルに上ったとのデータも発表している。

当局者らは、偽ブランド品は品質や安全性に問題のあることも多く、特にクリスマス商戦のシーズンに出回る傾向があるとして、注意を呼び掛けている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]