米ホワイトハウス前で若者5人がハンスト、気候変動対策求め

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンストで気候変動対策を訴え 米

(CNN) 米政府に気候変動対策の行動を求める若者5人のグループが、ホワイトハウス前の広場で先週からハンガーストライキを続けている。

グループは20日からハンストに入った。リーダーの環境活動家キドゥス・ガーマさん(26)はCNNとのインタビューで、23日には吐き気やめまいの症状で救急病院へ運ばれたと語った。翌朝まで医師の観察を受け、ハンストに戻ったという。

ガーマさんは「きょうでハンスト7日目。体が痛み、胃袋も体も空っぽ、絶えず頭痛がある」「みんな筋肉が分解される段階にきている」と話す。

ガーマさんは今年5月にも、気候変動がもたらした災害の跡をたどるというテーマの下、ニューオーリンズからヒューストンまで全長約640キロの行進に参加した。

「バイデン大統領が戦い始めてくれるのを待っている」と、ガーマさんは訴える。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]