米CDC、ウクライナを感染レベル最大の「4」に引き上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米疾病対策センター(CDC)は新型コロナウイルス感染状況を4段階に分類したリストを更新し、レベル4の「極めて高い」カテゴリーにウクライナを追加した/NurPhoto/Getty Images

米疾病対策センター(CDC)は新型コロナウイルス感染状況を4段階に分類したリストを更新し、レベル4の「極めて高い」カテゴリーにウクライナを追加した/NurPhoto/Getty Images

(CNN) 米疾病対策センター(CDC)は25日、世界各地の新型コロナウイルス感染状況を4段階に分類したリストを更新し、レベル4の「極めて高い」カテゴリーにウクライナを追加した。

CDCのリストは毎週更新される。レベル4への追加は、先週のシンガポールから2回連続で1カ国にとどまった。世界でデルタ変異株の感染者が急増した8月初め、一度に16カ国を4に引き上げた週と比べて、状況は大きく変化している。

CDCの基準では、直近28日間の感染者が10万人あたり100~500人でレベル3、500人を超えればレベル4に分類される。

レベル4には25日の時点で、77の国と地域が指定されている。英国は7月19日、ギリシャは8月2日、タイは8月9日から4に入ったままだ。

レベル3には、25日付で10カ国・地域が追加された。グアテマラ、レバノン、リビア、モーリシャス、プエルトリコ、サンマルタン島、スリランカがレベル4から1段階下がり、エジプト、ドミニカ共和国がレベル2から、ケイマン諸島がレベル1からそれぞれ上がった。

CDCはさらに、「クルーズ船」を新たにレベル3に追加し、乗客をワクチン接種が完了した人に限定するよう勧告した。多くの運航会社はすでに、接種済みの乗客のみを受け入れている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]