妊娠中の女性のコロナ死亡が増加、接種訴える CDC

米アラバマ州の医療施設でコロナ患者向けの点滴の中身を確認する医療従事者/Julie Bennett/AP

米アラバマ州の医療施設でコロナ患者向けの点滴の中身を確認する医療従事者/Julie Bennett/AP

(CNN) 米疾病対策センター(CDC)は25日までに、新型コロナウイルスに感染して死去する妊娠中の女性が今年8月に入って増加する傾向が浮き彫りになってきたとして、ワクチン接種を改めて促した。

米南部ミシシッピ州では7月下旬以降に少なくとも8人を記録。以前の分を含めた総数は計15人となった。

同州の医務官によると、7月下旬以降に亡くなった8人については全員がワクチン投与を完了しておらず、部分的な接種を済ませていた1人を除く7人は一切受けていなかった。

新型コロナに感染し、死産に終わった72件の情報も内容などを分析している。この死産の比率は通常の場合と比べ2倍に達しているふしもあるという。

アラバマ州ではコロナ禍の開始以降、感染で死亡した妊婦は少なくとも7人。同州の公衆衛生担当当局者によると、今月17日までの1週間内に感染して入院に至った妊娠中の女性は平均で23人に上ったという。

CDCが公表した最新データによると、18~49歳の年齢層で妊娠した女性の約25.1%が今月11日時点で、妊娠中に少なくとも1回のワクチン接種に応じていた。

一方、CDCのワクチン接種に関する諮問委員会も25日までに、妊婦に対するワクチン接種の安全性に関するデータは非常に安心感が得られる内容だとの見解を示した。

新型コロナで亡くなる妊婦がこれまで以上に目立つ中で、接種を終えている該当の女性の比率が30%にとどまっていることへの危機感も示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]