アフガン人難民の移住者数、州知事に通知 バイデン米政権

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アフガニスタンから米国へ退避してきたアフガン人が移り住むことになる人数について、各州への通達が行われた/Anna Moneymaker/Getty Images

アフガニスタンから米国へ退避してきたアフガン人が移り住むことになる人数について、各州への通達が行われた/Anna Moneymaker/Getty Images

ワシントン(CNN) 米ホワイトハウスは19日までに、アフガニスタンから米国へ退避してきたアフガン人が移り住むことになる各州別の人数を知事に通知した。バイデン政権当局者がCNNに明らかにした。

この人数は新たに作成されたアフガン人の受け入れや支援に関する事業計画に基づくもので、当初は3万7000人の到着を想定。米国内への移住は、海外の基地で検診、はしかや風疹用などのワクチン投与を受けて到着した後の数週間内に実施される。

政権当局者によると、最多の人数を引き受けるのはカリフォルニア州の5255人で、テキサス州の4481人が続く。フロリダ、ミシガン、ニューヨーク各州を含む11州はいずれも1000人以上で、最少はミシシッピ、アラバマ両州の各10人となっている。

これらアフガン人は、各州の難民定住支援担当部局などのサービスを受け、米国で生活再建の努力を始めることになる。政権当局者は、受け入れる人数は政府や地方の難民支援担当部局に対応面で余力などが出た場合、徐々に増える可能性があるとした。

移住者の大半は、アフガンで米軍、米外交官や開発担当業務で協力した人物やその家族となる。アフガンで記者として活動したり、人権保護や人道支援の業務に携わっていたりしてP1やP2ビザ(査証)の発給対象の人物らも含まれる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]