子どものコロナ感染急加速、240%増も 米小児科学会

米国で子どもの新型コロナウイルスへの感染が急加速している/NIAID-RML

米国で子どもの新型コロナウイルスへの感染が急加速している/NIAID-RML

(CNN) 米国小児科学会(AAP)は16日までに、子どもの新型コロナウイルスへの感染が急加速し、全米規模で報告される感染者総数の約29%を占めるまでの事態になっているとの新たなデータを公表した。

このデータの発表は今月13日時点のもので、過去1週間に判明した子どもの新規感染は24万3373人とした。コロナ禍での最高水準だった前週の計25万1781人と比べれば若干の減少となった。

ただ、24万3373人の数字は、今年7月22~29日以降の子どもの感染者と比べれば約240%増を示した。同期間での感染者は7万1726人だった。

AAPは声明で、子どもの新規感染件数は初夏に落ち込んだ後、急激に増え始めて過去2週間では約50万人になったと警告。今月9日の段階で陽性診断となった子どもは約530万人とした。

しかし、感染した子どもの重症化あるいは死亡に至る可能性は成人と比べ少ないとも指摘。年齢別の入院率を提供した各州のデータを引き合いに、新型コロナでの入院患者の総数のうち子どもは1.6~4%の割合とした。

米疾病対策センター(CDC)は今月12日の時点で、新型コロナによる死者数のうち18歳以下は523人と報告していた。

米国では12歳以下へのワクチン接種はまだ承認されていない。10代に達しない年齢層や10代を含めた世代での接種率は各年齢層に比べ最低水準となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]