子どもの入院が過去最高を更新、基礎疾患なく重症化の症例も 米国

新型コロナで入院している米国の子どもの数が過去最高を更新した
/Shutterstock

新型コロナで入院している米国の子どもの数が過去最高を更新した /Shutterstock

(CNN) 新型コロナウイルスのデルタ株が猛威を振るう中、新学期を迎えた米国で子どもの症例数が急増している。米保健福祉省の統計によると、7日現在、新型コロナで入院している子どもは2396人となり、過去最高を更新した。

米疾病対策センター(CDC)によると、今月6日までの1週間で、新型コロナのために入院した小児患者は1日あたり平均で369人に上った。

CDCの統計によれば、新型コロナのために入院した子どもは2020年8月以来の累計で5万5000人を超えている。多くは基礎疾患のない子どもだった。

子どもの死亡はまだまれだが、数は増えつつある。8日までに、少なくとも520人の子どもが死亡した。

米小児科学会(AAP)によれば、子どもの症例数は急増が続き、8月5日~9月2日にかけて75万例以上増加。過去1週間では約25万2000例増え、1週間の子どもの症例数としては、パンデミックが始まって以来、最も多かった。

新型コロナの新規の症例数のうち、子どもが占める割合は26%を超えているという。

全米の約100郡を集計したCDCの統計によれば、20年3月~21年6月の間に新型コロナで入院した子どものうち、46.4%は基礎疾患が確認されていなかった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]