バイデン氏、連邦職員のワクチン義務化 100人以上の企業に接種か検査要請

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジョー・バイデン米大統領=8月23日、米ワシントンDC/Ken Cedeno/UPI/Bloomberg/Getty Images

ジョー・バイデン米大統領=8月23日、米ワシントンDC/Ken Cedeno/UPI/Bloomberg/Getty Images

バイデン氏の計画で中心となるのは、従業員100人以上の全企業に対して従業員のワクチン接種か週1回の検査の確認を要請するよう、労働省に指示する策だ。

また、連邦政府の全職員にワクチン接種を義務付ける大統領令にも署名した。定期検査で接種を免れる選択肢はなくなる。別の大統領令では、連邦政府と取引する契約業者の従業員にも同様の基準を適用するよう求めた。

さらに、メディケアやメディケイドといった公的医療保険制度から資金を受ける施設の医療従事者1700万人に対し、ワクチン接種の完了を義務付けた。義務化の対象は全米の病院や在宅介護施設、透析センターに拡大する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]