バイデン氏、連邦職員のワクチン義務化 100人以上の企業に接種か検査要請

バイデン氏、ワクチン未接種者に「忍耐の限界」

(CNN) バイデン米大統領は9日、連邦政府職員や一部の医療従事者に新型コロナウイルスワクチンの接種を義務付けるとともに、大規模雇用主に対して従業員のワクチン接種か週1回の検査を確認するよう要請する方針を明らかにした。

新たな措置は米労働人口の3分の2近くに当たる1億人に適用される可能性がある。バイデン氏はこれまでになく強く国民にワクチン接種を求めた形だ。

バイデン氏は演説で「我々は辛抱強く対応してきたが、忍耐の限界に近づきつつある。あなたが接種を拒むことで、我々全員の利益が損なわれている」と述べ、接種を拒む国民に対して厳しい姿勢を取った。新型コロナワクチンは安全性が十分証明されており、ファイザー・ビオンテック製については米食品医薬品局(FDA)から正式承認が下りている。

バイデン氏はまた、ワクチン接種済みの国民はウイルスを拡散させている未接種者8000万人に「いら立ち」を募らせていると指摘。今回の措置が迅速な解決をもたらすことはないだろうと認めた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]