国際宇宙ステーション、一時制御不能に ロシア実験棟が想定外のエンジン噴射

国際宇宙ステーション(ISS)に近づくナウカモジュール/NASA/AP

国際宇宙ステーション(ISS)に近づくナウカモジュール/NASA/AP

ワシントンDC(CNN) 米航空宇宙局(NASA)は29日、国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングしたロシアの新しい実験棟「ナウカ」が想定外のエンジン噴射を行ってISSとの間で「綱引き」状態となり、一時的にISSの姿勢が制御できなくなったと発表した。

ナウカはロシア国営宇宙企業ロスコスモスが先週打ち上げた実験棟。米国時間の29日午前、ISSにドッキングした後に誤ってエンジンを噴射した。

この影響で1時間ほどISSの姿勢が制御できなくなり、ISSに滞在している宇宙飛行士7人と地上の管制塔との通信が11分間にわたって途絶。NASAは「宇宙船非常事態」を宣言した。

現在はNASAとロスコスモスが共同で捜査を行っている。

NASAのISS計画責任者ジョエル・モンタルバーノ氏は、宇宙飛行士が危険にさらされる事態にはならなかったと強調し、ISSのダメージも確認されていないとした。しかしテキサス州ヒューストンにあるNASA管制塔がISSの乗員に対し、窓の外を見て残骸やISSの損壊がないか確かめるよう促す場面もあった。

この影響で、30日に予定していた無人飛行実験機「ボーイング・スターライナー」の打ち上げは延期になった。

ISS乗員はこの間に、「新たに到着したロスコスモスのナウカモジュールの点検を続け、スターライナーの到着準備ができていることを確認する」とNASAは説明している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]