男性がヒグマに襲われる、頭部かまれるも生還 米アラスカ州

米アラスカ州で男性がヒグマに襲われ、頭部をかまれながらも九死に一生を得た/Alamy

米アラスカ州で男性がヒグマに襲われ、頭部をかまれながらも九死に一生を得た/Alamy

(CNN) 米アラスカ州でヒグマに襲われた男性が、頭部を複数回かまれながらも一命をとりとめ、傷口を縛って救急車を呼ぶ出来事があった。

州の公安当局の報告によると、61歳のアレン・ミニッシュさんは18日、同州ガルカナで土地の測量を行っていた際に「そうとは知らず成獣のヒグマに歩み寄ってしまった」。

当時ミニッシュさんは1人で、ヒグマが襲い掛かってきた場所は道路から800メートルほど離れていた。

ミニッシュさんはCNN提携局のKTUUの取材に答え、「ふと顔を上げると、9メートルほど向こうに結構な大きさのヒグマがいた」「そいつはこちらを見て、近づいてきた。『上等だ』と思った」と振り返った。

ミニッシュさんは低木の陰に逃れようとしたが、何の効果もなかった。あおむけに倒れたところへクマが近づいたので、その下あごをつかみ、かまれまいとした。

ヒグマの歯で手を傷つけながら抵抗を試みたものの、ヒグマは頭を振ってその手を振りほどき、ミニッシュさんの頭をつかんでかみついた。最初のかみつきから一度力を緩め、さらに強くかみついてきたという。

クマがミニッシュさんを離すと、ミニッシュさんは地面を転がり、腕で顔と頭部を防御した。やがてクマは立ち去ったと、KTUUは報じている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]