サメの赤ちゃん97匹、人工授精で誕生 種の保全に期待

人工授精によって生まれたテンジクザメ/Courtesy Jay Harvey, Aquarium of the Pacific

人工授精によって生まれたテンジクザメ/Courtesy Jay Harvey, Aquarium of the Pacific

(CNN) 米国の研究チームが人工授精を通じてサメの赤ちゃん97匹を誕生させることに成功し、このほど科学誌サイエンティフィック・リポーツに論文を発表した。「過去最大規模のサメの人工授精の取り組み」と位置付けている。

今年に入って科学誌ネイチャーに発表された論文によると、海洋のサメは31種のうち16種が絶滅危惧種に分類されている。世界のサメやエイの数は1970~2018年にかけて71%減った。

サメの人工授精は種の繁殖と保全を目指す非営利組織の研究チームが、米国内の水族館や博物館と協力して実施。オスのテンジクザメ19匹の精子を採集して、メス20匹に人工授精した。この研究には4年を要した。

テンジクザメはインド太平洋に生息する種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで準絶滅危惧種に分類されている。体長は約1メートルと小型で、体長1.8~2.4メートルのサメの仲間シロワニに比べると繁殖させやすいという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]