ワクチン接種完了後も5800人が感染 米CDC発表

ワクチン接種後の感染者は60歳以上が40%あまりを占めるという/Michael M. Santiago/Getty Images

ワクチン接種後の感染者は60歳以上が40%あまりを占めるという/Michael M. Santiago/Getty Images

ファイザーとビオンテックのワクチンは治験での有効性は95%だった。今月上旬に発表された米国での実際のデータでは6カ月にわたって91%超の有効性が示された。

モデルナのワクチンは治験での有効性は94%で、実際のデータでは90%の有効性が示された。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のワクチンは世界全体で行った治験での有効性は66%で、米国での有効性は72%だった。

CDCはどういった人物がワクチン接種後でも感染しやすいのか手がかりを見つけようとしている。すべての年齢層で感染が報告されているが、60歳以上が40%あまりを占める。65%が女性で、29%が無症状だったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]