トランスジェンダーの入隊禁止、バイデン米大統領が撤回

バイデン氏、トランスジェンダーの入隊禁止を撤回

(CNN) 米国のバイデン大統領は25日、体と心の性別が一致しない「トランスジェンダー」の人たちが米軍に入隊することを禁じるトランプ前政権の政策を撤回する大統領令に署名した。署名にはオースティン国防長官も立ち会った。

バイデン氏は署名に先立ち、これまでの最高司令官や防衛長官が支持してきた立ち位置に復帰すると指摘。すべての資格のある米国人が制服を着て国に奉仕することができるようになると語った。

トランプ前大統領による禁止措置は民主党が多数を占める下院や性的少数者(LGBTQ)の活動家から批判の声が出ていた。オースティン長官は先週行われた上院の指名承認の公聴会で禁止撤回を支持すると明らかにしていた。

サキ大統領報道官は、性自認のために軍を離れたトランスジェンダーの要員の事案について再調査が行われるとの見通しを示した。

トランプ氏は2017年7月に初めてツイッターを通じて禁止措置を明らかにし、トランスジェンダーの軍隊への受け入れによって「多大な医学的なコストや混乱」が発生すると主張していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]