サメが夫襲う、身重の妻が飛び込み救助 米フロリダ州

米フロリダ州の沖合を泳ぐオオメジロザメ/Harry Collins Photography/Shutterstock

米フロリダ州の沖合を泳ぐオオメジロザメ/Harry Collins Photography/Shutterstock

(CNN) 米フロリダ州のフロリダキーズ諸島で海中にいる夫がサメに襲われるのを知った妊娠中の妻が即座に海へ飛び込み、夫をボート上に引き上げて助け出す一幕がこのほどあった。

夫はその後、マイアミ市の病院へ空路運ばれた。モンロー郡の保安官事務所によると、肩をサメにかまれており、重傷ともみられる。

地元紙マイアミ・ヘラルドによると、米アトランタに住む妻のマーゴット・デュークス・エディさんと夫のアンドリュー・エディさん(30)は先々週、マーゴットさんの両親、姉妹と姉妹の恋人を伴ってフロリダ州で家族の休暇旅行を楽しんでいた。

サメに襲われたのはシュノーケリングなどのためモーターボートで向かったソンブレロ礁だった。目撃者によると、アンドリューさんが海中へ飛び込んだほぼ直後、サメがぶつかってきて肩にかみついたという。

マーゴットさんはこの様子をボート上から目の当たりにしていた。保安官補は報告書の中で「マーゴットさんはサメの背びれを見つけ、その後、付近の海面が血で染まるのを見た」とし、「ためらいもなく海へ飛び込んでいた」とも伝えた。

現場の海域には当時、別のボートに乗り、既に海中にいた複数の遊泳客などもいたという。目撃者によると、襲ったサメはオオメジロザメで、体長は8〜10フィート(約2.4〜約3メートル)。

保安官補によると、アンドリューさんの他に負傷者が出たとの情報はない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]