白人至上主義団体のメンバーが死亡、警官と銃撃戦 米カリフォルニア州

白人至上主義団体のメンバーが警官との銃撃戦の末に死亡した/San Luis Obispo County Sheriff's/San Luis Obispo County Sheriff's

白人至上主義団体のメンバーが警官との銃撃戦の末に死亡した/San Luis Obispo County Sheriff's/San Luis Obispo County Sheriff's

(CNN) 米カリフォルニア州テンプルトンで24日、重罪容疑で手配されていた白人至上主義団体のメンバーが警官との撃ち合いで死亡した。

地元保安局が25日に発表したところによると、クリストファー・マイケル・ストラブ容疑者(38)は24日午前、運転中に検問中の警官らに止められて車を降り、近くの墓地へ逃げ込んだ。

容疑者は追跡した警官らを待ち伏せし、複数回にわたって銃撃。この時に警官1人が脚を撃たれて空路搬送され、手術を受けた。容体は安定しているという。

容疑者はさらに逃走を続けたが、車へ戻ろうとしたところで援軍の警官らに撃たれ、現場で死亡が確認された。

車の中からは突撃銃4丁を含む銃8丁と大量の弾薬が見つかった。さらに自宅の捜索で、銃器部品を不法に製造していたことが明らかになった。

車両から突撃銃など複数の銃器が見つかった/San Luis Obispo County Sheriff's
車両から突撃銃など複数の銃器が見つかった/San Luis Obispo County Sheriff's

保安局によると、重罪の容疑者は銃の所持を禁止されている。同容疑者は白人至上主義団体に所属し、以前から保安局の捜査対象となっていた。州内各地で計28回、収監された前歴があったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]